ABOUT

ご挨拶

私たちは、安全と利便性を保証されている現代社会に暮らし、そこで仕事をしています。もし私たちが依存しているインフラやライフラインを失ったらと考えるだけで不安になります。この不安が人々を保守的にし、自分の暮らし方や社会の仕組みを変えることに対して消極的な気持ちにさせます。

近代デザインというものは、そもそも人々の安全と利便性を拡大するために考えられたものですから、デザイナーはその役割を変えることに躊躇しがちです。

しかし、もしそのためのインフラやライフラインを維持することが自分たちとその未来にとって膨大な問題を生じさせるとしたらどうでしょう?

社会の基本的な仕組みを変え、それにとって代わる生き方のデザインに取り掛かる必要があるはずです。しかし、そうした根本的な変化を起こすことが可能であると気付くためには、どうやればよいかを実証して見せる事例が必要です。そこで、この機会にオープンハウスは自らを変えてみることにしました。

それが、四半世紀にわたって拠点を置いてきた東京都心から1,000km西にある山口県楠の森に私たちの事務所を移した理由なのです。

ここでは、私たちはオフグリッドです。つまり、水道管や電線といった管や線は何もつながっていません。必要最小限の電力は自ら発電し、井戸水と高性能の薪ストーブやバイオトイレを利用します。電波が弱くて電話やインターネットにもつながりにくいので、人とは会って話し、必要なら郵便を使います。片田舎にありながら世界中とつながっています。特にアジアの隣人とは自由に行き来します。もともと日本は世界の果てにあるのです。

人工のインフラやライフラインはないけれど、その代わりここには豊かな自然があります。それこそが生きてゆく上での基盤なのです。

土地を耕し、地域の文化を掘り起こす、ここはサステナブルデザインの実験場です。

 

株式会社オープンハウス

代表取締役

益田 文和

Message from the President

We are living and working in a modern society where security and convenience are guaranteed. We feel uneasy only to think about losing lifelines and infrastructures we are now depending on. This anxiety make people conservative and to think negative in changing not only their own way of life, but also the system of the society.

Since modern design itself is originally designed to expand the security and convenience in people’s everyday life, designers tend to take a cautious attitude in changing its role.

But, what if maintaining the lifeline and infrastructure cause enormous problems for us and for our future?

We have to think about changing the basic social systems and start designing alternative way of life. But, to realize a possibility of this radical change, there must be a model to prove how it works.

So, we “open house” decided to take a chance to change our self. That is the reason to move our office from mid-town Tokyo where we based for a quarter century to Kusunoki forest in Yamaguchi Prefecture located a thousand kilometers west.

We are off grid here. We are not tied to any kind of tubes or wires; no water or gas pipe, no electric or telephone wire. The minimum electricity we need are generated on-sight. We use well water, high-performance wood stove and advanced bio-toilet system. Since we have difficulties in catching radio waves, we meet people face to face rather than communicating through mobile phones or internet. Mail service is available.

Although we are in this remote countryside, we have direct connections to the rest of the world. We keep coming and going especially with Asian neighbors. Japan itself is in the corner, in any way.

We are surrounded with rich nature instead of artificial infrastructure or lifeline. This is the real foundation for life.

We cultivate not only lands but also local culture. This is a proving ground of sustainable design.

 

Fumikazu Masuda

President

open house inc.