Fumikazu Masuda's CV

代表者略歴

photo_fumi_s

益田 文和

デザインコンサルタント

1949年東京都出身、1973年東京造形大学デザイン学科卒業後、建設会社、デザインオフィスを経て、1978年以降フリーのインダストリアルデザイナーとして家電をはじめとする様々な製品のデザイン開発や地域産業のデザイン振興など国内外のプロジェクトに関わる。1991年株式会社オープンハウス設立(代表取締役)、2000年から2015年まで東京造形大学デザイン学科教授(インダストリアルデザイン/サステナブルプロジェクト)を務める傍らグッドデザイン賞審査委員、公益財団法人日本デザイン振興会理事などを歴任。
現在、東京造形大学、京都工芸繊維大学、桑沢デザイン研究所のほか、欧米、アジア各国の大学等でなどでサステナブルデザインの講義やワークショップを行っている。また、2006年より日本各地のほか、タイやインドネシアで毎年開催してきたサステナブルデザイン国際会議の実行委員長でもある。2014年よりキッズデザイン賞審査委員長、多摩美術大学客員教授。
著書に「エコデザイン ベストプラクティス100」(共著/ダイヤモンド社)、「エコデザイン」(共著/東大出版会)など。連載として、UP「記憶の形」(東大出版会/2009年1月号~2011年12月号まで連載)、コムジンにて「エコデザイン」(web magazine by NTTコムウェア/2003年6月号~2004年5月号まで連載)、「ユニバーサルデザイン」(web magazine by NTTコムウェア/2004年6月号~2010年4月号まで連載)、「日本デザイン探訪」(web magazine by NTTコムウェア/2010年5月号~2015年3月号まで連載)。

Fumikazu Masuda’s CV

Fumikazu Masuda

Status:
Design consultant
President, open house inc.
Chairman of the awards committee, Kids Design Award

Personal History:
Fumikazu Masuda was born in 1949 at Tokyo, Japan.
After he graduated from Tokyo Zokei University, he has worked for a housing industry and a design firm before setting up his own office as an independent industrial designer in 1978.
For the first half of his career, he has worked mainly on projects for major Japanese industries, including electric home appliances, electronic devices, audio visual equipment, transportations, packages and many other products from various different categories. The latter half of his career has been dedicated more to work for local SMEs as a design consultant while studying and teaching at design schools.
Besides working on research projects on “design for sustainability”, he is always trying to apply the philosophy and the method to his practical daily works.
He is currently specialized in the field of Design for Sustainability, including Eco-Design, Universal Design, Kids’ Design and Design for the cause.
He is hosting “Destination”, a series of international design conference of design for sustainability, every year since 2006.