NETWORKS

サステナブルデザイン国際会議

2016年までにサステナブルな社会を実現するために、その目標に接近する活動を報告し、確認し合う国際会議を毎年開催しています。

1.Destination2006-2026, 東京 /テーマ:サステナブル社会へのロードマップを探す

2.Destination2007-2025, 岐阜/テーマ:サステナブル社会へのランドマップを描く

3.Destination2008-2024, 東京/テーマ:サステナブルな社会に向けデザインの舵を切る

4.Destination2009-2023, 東京/テーマ:社会イノベーション進行形

5.Destination2010-2022, 山形/テーマ:ローカル・サステナブル・コミュニティ

6.Destination2011-2021, 東京/テーマ:アジアン・サステナビリティを求めて

7.Destination2012-2020, タイ/テーマ:アジアン・サステナビリティ

8.Destination2013-2019, 北九州/テーマ:アジアの未来をシェア!

9.Destination2014-2018, インドネシア/テーマ:さあ、村に帰ろう

10.Destination2015-2017, 山口/地方に出よう/分散型経済社会をデザインする

11.Destination2016,京都/テーマ:激変する環境・社会におけるサステナビリティ

The International Conference of Design for Sustainability

How is our living style developing in terms of creating the sustainable society that we need? In order to report and confirm our progress toward our goals, we are holding this conference.

1.Destination2006-2026, TOKYO /Team:Finding a way to a Sustainable Society

2.Destination2007-2025, GIFU/Team:Drawing a land map of a Sustainable Society

3.Destination2008-2024, TOKYO/Team:Steer toward Sustainable Society

4.Destination2009-2023, TOKYO/Team:Social Innovation-ing

5.Destination2010-2022, YAMAGATA/Team:Local Sustainable Community

6.Destination2011-2021, TOKYO/Team:Asian Sustainability

7.Destination2012-2020, THAI/Team:Asian Sustainability

8.Destination2013-2019, KITAKYUSHU/Team:Shear Asian Future

9.Destination2014-2018, INNDONESIA/Team:It’s time to go back to Village

10.Destination2015-2017, YAMAGUCHI/Team:“Design goes SLOC”  design for distributed regional economy

11.Destination2016, KYOTO/Team:Sustainability in the ecological and social upheaval