ABOUT

ご挨拶

私たちは、安全と利便性を保証されている現代社会に暮らし、そこで仕事をしています。もし私たちが依存しているインフラやライフラインを失ったらと考えるだけで不安になります。この不安が人々を保守的にし、自分の暮らし方や社会の仕組みを変えることに対して消極的な気持ちにさせます。

近代デザインというものは、そもそも人々の安全と利便性を拡大するために考えられたものですから、デザイナーはその役割を変えることに躊躇しがちです。

しかし、もしそのためのインフラやライフラインを維持することが自分たちとその未来にとって膨大な問題を生じさせるとしたらどうでしょう?

社会の基本的な仕組みを変え、それにとって代わる生き方のデザインに取り掛かる必要があるはずです。しかし、そうした根本的な変化を起こすことが可能であると気付くためには、どうやればよいかを実証して見せる事例が必要です。そこで、この機会にオープンハウスは自らを変えてみることにしました。

それが、四半世紀にわたって拠点を置いてきた東京都心から1,000km西にある山口県楠の森に私たちの事務所を移した理由なのです。

ここでは、私たちはオフグリッドです。つまり、水道管や電線といった管や線は何もつながっていません。必要最小限の電力は自ら発電し、井戸水と高性能の薪ストーブやバイオトイレを利用します。電波が弱くて電話やインターネットにもつながりにくいので、人とは会って話し、必要なら郵便を使います。片田舎にありながら世界中とつながっています。特にアジアの隣人とは自由に行き来します。もともと日本は世界の果てにあるのです。

人工のインフラやライフラインはないけれど、その代わりここには豊かな自然があります。それこそが生きてゆく上での基盤なのです。

土地を耕し、地域の文化を掘り起こす、ここはサステナブルデザインの実験場です。

 

株式会社オープンハウス

代表取締役

益田 文和

Message from the President

We are living and working in a modern society where security and convenience are guaranteed. We feel uneasy only to think about losing lifelines and infrastructures we are now depending on. This anxiety make people conservative and to think negative in changing not only their own way of life, but also the system of the society.

Since modern design itself is originally designed to expand the security and convenience in people’s everyday life, designers tend to take a cautious attitude in changing its role.

But, what if maintaining the lifeline and infrastructure cause enormous problems for us and for our future?

We have to think about changing the basic social systems and start designing alternative way of life. But, to realize a possibility of this radical change, there must be a model to prove how it works.

So, we “open house” decided to take a chance to change our self. That is the reason to move our office from mid-town Tokyo where we based for a quarter century to Kusunoki forest in Yamaguchi Prefecture located a thousand kilometers west.

We are off grid here. We are not tied to any kind of tubes or wires; no water or gas pipe, no electric or telephone wire. The minimum electricity we need are generated on-sight. We use well water, high-performance wood stove and advanced bio-toilet system. Since we have difficulties in catching radio waves, we meet people face to face rather than communicating through mobile phones or internet. Mail service is available.

Although we are in this remote countryside, we have direct connections to the rest of the world. We keep coming and going especially with Asian neighbors. Japan itself is in the corner, in any way.

We are surrounded with rich nature instead of artificial infrastructure or lifeline. This is the real foundation for life.

We cultivate not only lands but also local culture. This is a proving ground of sustainable design.

 

Fumikazu Masuda

President

open house inc.

MISSION

理念

オープンハウスは小さなデザイン事務所です=Small

オープンハウスは山口県宇部市の山の中にあります=Local

オープンハウスはいつも誰にでも開かれています=Open

オープンハウスは世界とつながっています=Connected

このSmall, Local, Open, Connectedの頭文字をとったSLOCは

グローバリズムに対抗する新しい事業活動形態のキーワードです。

オープンハウスは社会の仕組みに筋を通すデザインに取り組んでいます。

 

1.地域の問題解決にデザインで取り組む(事業者、公共機関との連携)

2.デザインによる地域振興の拠点

3.誰でもデザインによる価値づくりに参加できる仕掛けづくり(ワークショップ)

4.デザインによって自立できる人材育成

5.楠クリーン村の魅力づくりと情報発信

 

Mission

open house is a small design office = Small

open house is in the forest of Yamaguchi Prefecture = Local

open house is always open to anyone = Open

open house is connected to all over the world = Connected

SLOC, stands for small, local, open, and connected, is a keyword of new business activity that copes with globalism.

open house tackles design that creates a rational society.

 

1. Takcle local problems by design (Collaboration with entrepreneurs and public institution)

2. Local development by design

3. A new business model that anyone can participate in value-making through design

4. Cultivation of self-sufficient design occupation

5. Community development of Kusunoki Clean Village

CORPORATE PROFILE

会社概要

商号 株式会社オープンハウス
本社 〒757-0212
山口県宇部市今富25-1
phone       050-3805-1485
mobile      080-5021-1458
facsimile   050-3730-6070
mail@openhouse.co.jp
ディスプレイ
事業部
〒108-0023
東京都港区芝浦2-16-7マルソウビル4F
phone       03-5730-1508
facsimile   03-5730-4861
設立 1987 年4 月 エフアンドアイデザイン株式会社 設立
1991 年3 月 株式会社オープンハウスに名称変更
2013 年6 月 山口県宇部市に本社移転
事業内容 ・商品、ブランド、環境などに関する企画、
開発及び販売促進活動
・展示計画に関するデザイン及び
デザインコンサルテイション
・エコデザインに関する調査研究、開発
資本金 10,000,000 円
役員 代表取締役      益田 文和
取締役        益田 耕二

CORPORATE PROFILE

Company Name open house.inc
Headquarters 25-1, Imadomi
Ubeshi Yamaguchi 757-0212 Japan
phone       +81 50-3805-1485
mobile      +81 80-5021-1458
facsimile   +81 50-3730-6070
mail@openhouse.co.jp
Display Division 4F, 2-16-7, Shibaura
Minatoku Tokyo 108-0023 Japan
phone       +81 3-5730-1508
facsimile   +81 3-5730-4861
Founded 1987
Common Stock ¥10,000,000
Representative Fumikazu Masuda, President
Koji Masuda, Director

Fumikazu Masuda's CV

代表者略歴

photo_fumi_s

益田 文和

デザインコンサルタント

1949年東京都出身、1973年東京造形大学デザイン学科卒業後、建設会社、デザインオフィスを経て、1978年以降フリーのインダストリアルデザイナーとして家電をはじめとする様々な製品のデザイン開発や地域産業のデザイン振興など国内外のプロジェクトに関わる。1991年株式会社オープンハウス設立(代表取締役)、2000年から2015年まで東京造形大学デザイン学科教授(インダストリアルデザイン/サステナブルプロジェクト)を務める傍らグッドデザイン賞審査委員、公益財団法人日本デザイン振興会理事などを歴任。
現在、東京造形大学、京都工芸繊維大学、桑沢デザイン研究所のほか、欧米、アジア各国の大学等でなどでサステナブルデザインの講義やワークショップを行っている。また、2006年より日本各地のほか、タイやインドネシアで毎年開催してきたサステナブルデザイン国際会議の実行委員長でもある。2014年よりキッズデザイン賞審査委員長、多摩美術大学客員教授。
著書に「エコデザイン ベストプラクティス100」(共著/ダイヤモンド社)、「エコデザイン」(共著/東大出版会)など。連載として、UP「記憶の形」(東大出版会/2009年1月号~2011年12月号まで連載)、コムジンにて「エコデザイン」(web magazine by NTTコムウェア/2003年6月号~2004年5月号まで連載)、「ユニバーサルデザイン」(web magazine by NTTコムウェア/2004年6月号~2010年4月号まで連載)、「日本デザイン探訪」(web magazine by NTTコムウェア/2010年5月号~2015年3月号まで連載)。

Fumikazu Masuda’s CV

Fumikazu Masuda

Status:
Design consultant
President, open house inc.
Chairman of the awards committee, Kids Design Award

Personal History:
Fumikazu Masuda was born in 1949 at Tokyo, Japan.
After he graduated from Tokyo Zokei University, he has worked for a housing industry and a design firm before setting up his own office as an independent industrial designer in 1978.
For the first half of his career, he has worked mainly on projects for major Japanese industries, including electric home appliances, electronic devices, audio visual equipment, transportations, packages and many other products from various different categories. The latter half of his career has been dedicated more to work for local SMEs as a design consultant while studying and teaching at design schools.
Besides working on research projects on “design for sustainability”, he is always trying to apply the philosophy and the method to his practical daily works.
He is currently specialized in the field of Design for Sustainability, including Eco-Design, Universal Design, Kids’ Design and Design for the cause.
He is hosting “Destination”, a series of international design conference of design for sustainability, every year since 2006.

SERVICES

デザインで社会を変える

いまさら言うまでもなく、社会はデザインされることで形作られ、新しい形を得ることで社会は変化してきました。雛の節句や五月の節句をはじめ日本の年中行事や祭りはそれぞれ独特の形を持っていて、しかも日本各地で姿が異なります。それらはすべて意味を持ち、こころを込めてデザインされてきたのです。誰がデザインしたのかって?そんなことは分からないし、どうでもいいのです。むしろ、自然発生的に生まれてきたデザインだからこそ多くの人々に愛され、今日まで伝えられてきたのです。

街並みも、神社の境内も、田の畔道までその土地の人々の手で注意深くデザインされ整備されてきました。菓子の形や料理の盛り付け、のれんはもちろん、品書きの書体に至るまで、工夫が凝らされ心遣いが見て取れました。

また、日本各地で様々な産業が生まれるのにはそれなりの訳がありました。良い竹が生える土地だからこそ竹細工が生まれ、扇子や団扇の骨が作られてきました。紬の産地の隣に桐ダンスの産業が育ち、林業が盛んな土地にナタ作りの鍛冶が集まるのも偶然ではなく誰かが気づいて始めたことです。長州藩の夏ミカンに代表されるような殖産興業政策も、産業をデザインした好例です。

食膳から地場産業まで、デザインされることによって着想に形が与えられ、社会に変化が起きてきたのです。このようにデザインによって価値を作り出し、コミュニティや社会に働きかける力を積極的に活用して、震災復興や開発途上国の仕事づくりに寄与しようという活動も始まっています。

Change society by design

Needless to say, societies are formed by design and have changed by obtaining new form. Variety of yearly events and festivals in Japan such as Hina-no-sekku or the Girls’ Festival and Gogatsu-no-sekku or the Boys’ Festival has unique and different forms all over Japan. Each form has its own meaning and has been designed by putting people’s heart. Who designed? No one knows and it even does not matter. Rather, these festivals have been endeared and handed down for centuries until today because these are created spontaneously.

From townscape to grounds of shrine or footpath between rice fields, everything were carefully designed and maintained by local people. Form of confectionary, arrangement of food on dishes, signboards, typeface of menus, and more were elaborated. You can see thoughtfulness in design of these things.

Moreover, there is a reason why various industrial arts were initiated all over Japan. Bamboo work, such as ribs of fan, was developed where good bamboo grows. An industry of drawers made of paulownia wood was developed adjoining to a major source of pongee fabric. Blacksmith’s shops gathered at place where forestry was prosperous. This did not happen by chance; rather it started by someone who realized it. The promotion of new industry policy represented in summer orange in Chōshū Domain, old name of Yamaguchi Prefecture, is a good example that designed industry.

Society changes by design that gives a form to ideas. Some activities are already initiated by using power of design that shapes societies and communities, which create values and contribute to earthquake disaster reconstruction and job creation in the developing countries.

NETWORKS

サステナブルデザイン国際会議

2016年までにサステナブルな社会を実現するために、その目標に接近する活動を報告し、確認し合う国際会議を毎年開催しています。

1.Destination2006-2026, 東京 /テーマ:サステナブル社会へのロードマップを探す

2.Destination2007-2025, 岐阜/テーマ:サステナブル社会へのランドマップを描く

3.Destination2008-2024, 東京/テーマ:サステナブルな社会に向けデザインの舵を切る

4.Destination2009-2023, 東京/テーマ:社会イノベーション進行形

5.Destination2010-2022, 山形/テーマ:ローカル・サステナブル・コミュニティ

6.Destination2011-2021, 東京/テーマ:アジアン・サステナビリティを求めて

7.Destination2012-2020, タイ/テーマ:アジアン・サステナビリティ

8.Destination2013-2019, 北九州/テーマ:アジアの未来をシェア!

9.Destination2014-2018, インドネシア/テーマ:さあ、村に帰ろう

10.Destination2015-2017, 山口/地方に出よう/分散型経済社会をデザインする

11.Destination2016,京都/テーマ:激変する環境・社会におけるサステナビリティ

The International Conference of Design for Sustainability

How is our living style developing in terms of creating the sustainable society that we need? In order to report and confirm our progress toward our goals, we are holding this conference.

1.Destination2006-2026, TOKYO /Team:Finding a way to a Sustainable Society

2.Destination2007-2025, GIFU/Team:Drawing a land map of a Sustainable Society

3.Destination2008-2024, TOKYO/Team:Steer toward Sustainable Society

4.Destination2009-2023, TOKYO/Team:Social Innovation-ing

5.Destination2010-2022, YAMAGATA/Team:Local Sustainable Community

6.Destination2011-2021, TOKYO/Team:Asian Sustainability

7.Destination2012-2020, THAI/Team:Asian Sustainability

8.Destination2013-2019, KITAKYUSHU/Team:Shear Asian Future

9.Destination2014-2018, INNDONESIA/Team:It’s time to go back to Village

10.Destination2015-2017, YAMAGUCHI/Team:“Design goes SLOC”  design for distributed regional economy

11.Destination2016, KYOTO/Team:Sustainability in the ecological and social upheaval

BLOG

Haiko cafe

Haiko Cafe 廃校カフェ

山口県美祢市にある旧鳳鳴小学校で開催されている「鳳鳴ふれあいアートフェスタ」に我らがopen houseは「Haiko Cafe」を出店!
初の試みですが、来場者のみなさまにホッと (hot)したひと時を過ごして頂くべく、素材選びから発声練習まで張り切って準備しました!
img_3801

こちらの廃校は、現在「鳳鳴地域交流センター」として活用されています。
廃校になっても地域にオープンな場所で頻繁にイベントを開催している、まさに交流の場です。

今回のイベントは23日まで行われており、今日はマジックショーや大正琴の発表で賑わいをみせていました。
張り切って準備したものの、
「果たしてお客さんは来るのか?」
「足りないものはないか?」
「コーヒーと紅茶で良かったのかな??」
など不安は多かったのですが、「美味しかったよ」と言って頂きホッとしました。

廃校に行くとカフェがあり、そこに人が集い交流が生まれるといいな…という想いから出来た企画です。
どんどん増えるばかりの廃校には、それぞれ地域の方々の想いが詰まっています。
趣のある校舎で赴くままにHiko Cafeをオープンしていきます。
いつでもお声掛け下さい!

img_3823img_3786 p1020217

CONTACT

山口


大きな地図で見る

アクセス

-飛行機をご利用の場合-
ANA/JAL(飛行機)/羽田-山口宇部空港(所要時間約1時間40分)。
宇部市交通局(バス)/山口宇部空港線・山口駅行乗車、新山口駅下車(所要時間約34分)。
新山口駅からのアクセスは下記の「電車をご利用の場合」をご覧ください。

-電車をご利用の場合-
JR西日本/新山口駅よりJR山陽本線下関行き乗車、厚東駅下車(所要時間約16分)。

-最寄駅からのアクセス情報-
JR山陽本線/厚東駅入り口の交差点を斜め右に折れて県道37号線に入り約1,5km進みます。
次に分岐を37号線岩部方面に約3,5km進みます。
突き当りを右折し県道30号線に入り約700m進むと右手に楠クリーン村の看板が見えます。
そこを右手に入り道なりに約1km進むと左手に見える建物が弊社です。

-最寄駅からの所要時間-
・JR山陽本線/厚東駅から車で約15分。

  • ,〒757-0212 山口県宇部市今富25-1
  • Ophone       050-3805-1485
  • Omobile      080-5021-1458
  • dfacsimile   050-3730-6070
  • [icon size=”30″]@[/icon] mail@openhouse.co.jp

*山中に事務所があるため、天気によって電波状態が悪く電話が繋がらないことがあります。
お手数おかけしますが、その際はメールにてお問い合わせいただければ幸いです。

東京

ディスプレイ事業部


大きな地図で見る

,〒108-0023 東京都港区芝浦2-16-7マルソウビル4F
Ophone        03-5730-1508
[icon size=”30″]d[/icon]facsimile   03-5730-4861